ブログカテゴリ:2号のつぶやき

お知らせです!

2018年12月23日(日) 2号のつぶやき お知らせ

あっという間にクリスマスですね。
今年もあと少し…!毎年ですが、12月はなんだか飛ぶように過ぎていきます。

2018年の終わりと共にお知らせです!
岩倉のパン屋さんLes Groseille さんの前をお借りして週1回野菜を販売させてもらっていた“農家のおすそわけ市”を12/25(火)をもって、一旦お休みにさせていただきます!

image

2年前、私2号(妻)は1号(夫)と京北に移住し、農業を始めました。
一緒に農業をやり始めた当初は、全く何もわからない状態で、農作業のことも販売のこともすでに農家5年生の1号についていくだけ。お客さんとの接点もなく、農作業もほとんど1号のお手伝いで、そんな状況は当たり前なのですが、やりがいも責任も楽しさもあまり感じられずもやもやしていたのも事実でした。

そんなもやもやを打開すべく私自身も販売の場をもちたいなと始めたおすそわけ市。
突然飛び込みでお願いしたにも関わらず、見ず知らずの私にお店の前を貸してくれたLes Groseille さんのおかげで始めることができました!お客さんにも親戚か何かなの?と時々不思議がられるのですが、本当にありがたい限りです。

また週に1回だけ、お昼間の2時間だけという限られた時間に、わざわざ家から出てきて野菜を買いにきてくれるお客さん。配達している野菜BOXには入れられないハジキ野菜も売っていたりするので、きっと良くないものも多々あったと思うのですが、私たちの野菜を認めて買いに来てくれることがすごく嬉しくて、自信になっていたりします。そして、なんやかんやとお喋りするのも私にとってはすごく楽しい時間で、以前にも書きましたが、元気や優しい気持ちをもらっています。食べ方を教えてもらったり、それぞれの野菜について反応がダイレクトに見えるので、学ぶこともたくさんありました。

image

この2年間、おすそわけ市に関わってくださったみなさま、本当にありがとうございました!

辞めてしまうような書き方ですが、あーお休みしたくないなぁ~という気持ちが強すぎてこんなかんじになってしまいました。そして長期間のようですが、3月末か4月初め頃には再開したいなぁと思っています。
忘れないでいてもらえたら嬉しいです。
再開はまたブログやFacebookなどでお知らせさせていただきますので、よろしくお願いします!

素敵なクリスマスを、またよいお年をお迎えください!


農薬を使わない理由

2018年03月14日(水) 2号のつぶやき お知らせ

少し前までは、びっくりするくらいの冷え込みだったのが、
最近は暖かい日が続いてますね。
あんなに大きくならないなぁと
待ちに待っていた葉物たちがぐんぐん大きくなって、
そして一気に花芽をつけ始めました。
今まで冬ののんびりモードだったので、
ギアチェンジしないと!と気ばかり焦っています。

image

先日、ホームセンターでたまたま『ネキリムシ退治』と
書かれた農薬が目につきました。
ネキリムシは野菜の苗の茎をかじってしまうヤツです。
私たちも去年、空豆の苗をたくさんかじられました。
去年は種をまいて育てている最中からネズミに食われ、
やっと大きくなって畑に植えられたと思ったらネキリムシにかじられ、
見るまに萎びていく空豆を見て悲しかったり、やるせなかったりしました。
なので、この薬でそれを防げるのかと思うと、
すごくありがたいもののような気がしました。
お客さんに届けることができなければ何もなかったことと同じで、
野菜を売って生活をしている私たちにとっては、
野菜がきちんと育つことは大事なことです。
特に豆は旬が短くて、その時だけしか届けられないものだからこそ
思い入れも強かったりします。

image

じゃあ、なぜ農薬を使わないんだろう…と
以前から自問自答していた疑問が出てきました。
(無農薬ということだったり、味だったり、私たちの野菜の価値を
認めて買っていただいているお客さんがいてくださることは大前提です)

無農薬で野菜を作っておられる農家さんは環境のため、
安心安全のためなど、それぞれに色々な理由、信念をもっておられます。
1号は以前に農薬を使っていたこともあって、
農薬を使った時に感じた嫌な気持ちがあると言います。

じゃあ私の理由は何なのかなぁというのがずっと私の中のもやもやでした。
頭の中での理由は色々とあるのですが、
私のジブンゴトの理由は何だろうと。
今回気づいたのは、そうして薬を使って虫たちを
排除するような人になりたくない、という答えでした。
ネキリムシ退治の薬をまいたらネキリムシがいなくなるかもしれない、
空豆は元気に育ってくれるのかもしれない。
でもそれはそれで恐ろしい気がしました。
自分にとって都合の悪い存在を簡単に
ペッとなくしてしまう人になりたくないなぁ。
畑の小さな世界ですが、それを続けていくことで、
ゆくゆく自分の周りの大きな世界、人間関係でも
都合の悪いものを排除をしてしまうような人になるかも…と思ってしまいました。
私の農薬を使わない小さな一つの理由はそれなんじゃないかと
自分の中にスッとおちたように思います。

image

と、スッキリしていたつもりだったのですが、
先日植えた空豆やえんどう豆がまたもや何者かにかじられていました…。
よく見ると虫がいて、それをすぐさま潰している自分がいました。
農薬を使うのと自分の手で殺すのと何が違うだーと再び自問自答です…!