12/7(土)、12/10(火)お届けの野菜BOX

2019年12月05日(木) イベント開催のお知らせ 野菜BOXのお届け予定

いつもありがとうございます!

今年は少し遅れぎみですが、里芋を掘り始めました!
掘り起こした里芋たちは土つきのままハウスの中にスタンバイ。
これからねちょねちょの土の塊からお芋さんを取り出して選別していきます!

12/7(土)、12/10(火)お届けの野菜BOX
収穫予定のお野菜です

◎九重栗かぼちゃ

◎人参

◎サツマイモ(紅はるか)

◎落花生

 ◎九条ネギ

・ゴボウ

・里芋

・大根

・ブロッコリー

・カリフラワー

・菊菜

◎印のお野菜はほぼ収穫可能な、お届けの可能性が高いお野菜です。
それ以外のお野菜は、収穫量などにより未確定なお野菜です。

※天候などによって、その日の野菜の出来や収量が変わることがあります。
また、虫食いがひどいために収穫を断念してしまう事もあり、
予定の野菜が収穫できない場合があります。ご了承ください。

DSC_0303
DSC_0303

焼き芋を販売する事にちょっとびびっている。

2019年11月27日(水) 考えごと

焼き芋を本格的に販売していこうと思って、はや一年が経とうとしています。
去年は準備が万全ではなくて、またサツマイモ自体も量がそれ程残っておらず、今年からは満を持して開始や‼︎

と思いつつ、もうそろそろ12月です。

昨日は野菜BOXの配達をしていましたが、何名かのお客さんから、「もう焼き芋はしているの?」と聞かれました。
そして、「まだ農作業が忙しくて、それを言い訳にして開始できていないです。」と答えていました。

そうです、これは完全に言い訳。
忙しいからできない、というのはこれはもうやる気がないです、、と言ってるようなもんや!

と配達中に気付いてしまいました。

正しくは、やる気がないのではなくて、勇気がないのです、たぶん。

もうある程度の販売アイテムは揃っていて、万全ではないにしても、十分販売を開始できる体制にはあるのですが、していないのです。

何でもそうやと思うのですが、万全の状態なんて待っていたら、いつまでも行動を起こさないものです。
万全ではないけれど、とにかくスタートを切る事が大事なんだと思っています。
そうやって、これまでも勇気出して行動をしてきたのですが、ここに来てまぁ、はっきり言ってびびっていますね!

実際にまだまだかなり忙しいのは事実で、たぶん年内はやる事山積みではあるのですが。。
でも、そろそろ冬本番やし、何より京都は今、紅葉で観光客が溢れかえっていて、まさに焼き芋のシーズンが到来しているのです。

でも、なかなか踏み出せないこの状況。
完全にびびっております。

何をビビっているかと言うと、売れるかどうか、です。全然売れずに、身も心も寒い状態というのを恐れている気がします。
と言うのも、これまで農家で野菜を売ってきた中で、そういう経験を何度かしてきていて、やっぱり結構辛い気持ちになったものでした。

そして今、ありがたいことに農家としてある程度生活ができるようになって、ここ最近はそんな風に勇気を出して売りに出るという事も少なくなってきていました。
そうなると、昔のような辛い気持ちは二度と味わいたくないから、頑張ろう!と思っているのが今なんです。

それやのに、またわざわざ新たに一から焼き芋のみで見ず知らずの人に商売しに行くっていうのが、気が進まないのかもしれません。

「あんな(気持ちが)寒い思いはしたくないなぁ」と本音では思っているのです。

まぁつまり傷付くのを恐れております。

これはまずい、自営業でそんなん言ってたらこの先衰退あるのみです。
と言うことを配達の後半あたりから考えたりしていました。

そこで、ふと気付いた事がありました。

そもそも、この焼き芋を本格的に販売しようと思ったのは、実は仕事に楽しい部分を取り入れたいなと思ったからでした。

現在やっている野菜BOXというのは、あらい農園の心臓というか血液というか、もう欠かせないというか、やめたら即死というほどの存在なわけで、そうなると楽しみよりも責任感の方が完全に優っていて、頑張らねば!という気持ちになってしまうのです。

それとは別部門で、楽しいをスタートにして、そこから発展させていきたいなと思ったのが、焼き芋販売のそもそもの始まりだったのです。

それを思い出すと、
あれれれ、今もうすでに「やらなあかん」みたいになってしまってるやん!あかんあかん!

「総額いくら掛かってるから、今期でその分くらいはペイせなあかん」とか。
まぁそれもたしかに大事ですが、今回はそれよりも楽しくやらな、何のために始めたん?という事でした。

すっかり忘れていました。
一日の売上目標◯万円とかばっかり考えてたら、それを達成するかしないかの2択になってしまいそうでした。
そうじゃなくて、美味しくてアツアツの焼き芋をみんなに提供したいし、それでお客さんに喜んでもらえたらええなぁ。。みたいなピースフルな気持ちが大事でした。

焼き芋の味には自信があるし、だから始めるわけで。きっと寒い中買ってもらえたら、満足してもらえるはずだと思うので、そこは自信を持ってやれば、あとは売れる売れないも含めて、どうしたら楽しく販売ができるかをもう少し考えてみたいと思います。

焼き芋は急がずじっくり火を通すのが鉄則です。
焼き芋販売もじっくり頃合いを見計らって、売りに出ていきたいと思います。
(これ去年も言うてたような?)

万全の状態なんて待ってたら云々の話は、どこ行ったんや!?笑

image