農薬を使わない理由

2018年03月14日(水) 2号のつぶやき 考えごと

少し前までは、びっくりするくらいの冷え込みだったのが、
最近は暖かい日が続いてますね。
あんなに大きくならないなぁと
待ちに待っていた葉物たちがぐんぐん大きくなって、
そして一気に花芽をつけ始めました。
今まで冬ののんびりモードだったので、
ギアチェンジしないと!と気ばかり焦っています。

image

先日、ホームセンターでたまたま『ネキリムシ退治』と
書かれた農薬が目につきました。
ネキリムシは野菜の苗の茎をかじってしまうヤツです。
私たちも去年、空豆の苗をたくさんかじられました。
去年は種をまいて育てている最中からネズミに食われ、
やっと大きくなって畑に植えられたと思ったらネキリムシにかじられ、
見るまに萎びていく空豆を見て悲しかったり、やるせなかったりしました。
なので、この薬でそれを防げるのかと思うと、
すごくありがたいもののような気がしました。
お客さんに届けることができなければ何もなかったことと同じで、
野菜を売って生活をしている私たちにとっては、
野菜がきちんと育つことは大事なことです。
特に豆は旬が短くて、その時だけしか届けられないものだからこそ
思い入れも強かったりします。

image

じゃあ、なぜ農薬を使わないんだろう…と
以前から自問自答していた疑問が出てきました。
(無農薬ということだったり、味だったり、私たちの野菜の価値を
認めて買っていただいているお客さんがいてくださることは大前提です)

無農薬で野菜を作っておられる農家さんは環境のため、
安心安全のためなど、それぞれに色々な理由、信念をもっておられます。
1号は以前に農薬を使っていたこともあって、
農薬を使った時に感じた嫌な気持ちがあると言います。

じゃあ私の理由は何なのかなぁというのがずっと私の中のもやもやでした。
頭の中での理由は色々とあるのですが、
私のジブンゴトの理由は何だろうと。
今回気づいたのは、そうして薬を使って虫たちを
排除するような人になりたくない、という答えでした。
ネキリムシ退治の薬をまいたらネキリムシがいなくなるかもしれない、
空豆は元気に育ってくれるのかもしれない。
でもそれはそれで恐ろしい気がしました。
自分にとって都合の悪い存在を簡単に
ペッとなくしてしまう人になりたくないなぁ。
畑の小さな世界ですが、それを続けていくことで、
ゆくゆく自分の周りの大きな世界、人間関係でも
都合の悪いものを排除をしてしまうような人になるかも…と思ってしまいました。
私の農薬を使わない小さな一つの理由はそれなんじゃないかと
自分の中にスッとおちたように思います。

image

と、スッキリしていたつもりだったのですが、
先日植えた空豆やえんどう豆がまたもや何者かにかじられていました…。
よく見ると虫がいて、それをすぐさま潰している自分がいました。
農薬を使うのと自分の手で殺すのと何が違うだーと再び自問自答です…!


2018年の目標(あらい農園1号・夫)

2018年01月27日(土) 考えごと

2018年も早くも1ヶ月が過ぎようかというところですが、遅くなりましたが、あらい農園1号(夫)もこの農閑期のタイミングで昨年1年間の振り返りを書きたいと思います。

2017年はあらい農園にとって急成長ではないにしても、着実に成長ができた1年だったと思います。ありがたいことに野菜BOXもより多くのお客さんに定期便でご注文を頂けるようになりましたし、そのおかげ様で売上も増加しました!

うちの販売形態は8割以上が野菜BOXですので、ありがたい限りです。

また栽培面では、特に機械や設備などの面で昨年はずいぶんと必要な物を買い揃えることができました!
人参洗浄機、ハンマーナイフモア、一輪管理機、畝立て成形機付き管理機、掘り取り機など、ほぼネットオークションでの中古品ですが、思った通りの働きをしてくれる機械が増えて1号としてはすごく嬉しい気持ちになりました。(妻の2号には「これ以上機械を買ってはダメ!」と言われながら‼︎)

そんな感じで、経営的には安定期に入ったんじゃないかと思っています。もちろん、自営業なので本当に風が吹けば飛んでしまうくらいの細い安定ではあるのですが、それでも新規就農者向けの補助金(年間150万円)がなくなっても頑張って続けていけそうなくらいになることができました!

 

全体的には良かった1年ではあるのですが、ダメだった点も当然ありまして。

それは「栽培面」です。農家としてはそこが一番大事じゃないかとも思いますが、今年も全然満足のいく出来ではありませんでした。

あらい農園にとっての栽培面の満足というのは、より多くの収量があげられる事ではなくて、野菜BOXのお客さんにしっかりと常に自信を持って色々な種類の野菜を届けられる事。これに尽きます。

野菜によっては、満足のいく出来だったものもありましたが、全体としてはやはり課題が残る1年でした。特にこの秋冬の野菜の高騰の時期に、葉物野菜を満足にお届けできなかった点は悔やまれます。そういう時にこそ!と思いながらも当然気候には勝てません。でも、やりようはあったと思うので反省です。

反省点をあげたら切りがありませんが、特に冬の葉物は申し訳ない気持ちでいっぱいになります。サツマイモも評判が良かっただけに、もう少し保存管理を上手に出来ていればと、、。

 

そんな反省点を考えながら、ふと自分で気付いた事がありました。

それは、なんで悔しいのかという理由が、「お客さんに満足に野菜を届けられていない」からという事で、そこに偽りがないなと思ったからです。

これを自分で言うと、胡散臭くて少し嫌なんですが、ここ1、2年でその気持ちは強くなりました。
それは、つまりこれまではお客さんの事をそこまで考えていなかったみたいになるのですが、正確には「考えられなかった」という言い訳です。笑

本音を言っていいものかとも思いますが、時効だと思って言いますと。
考えれらなかったのは、お客さんを信用できていなかったからだと思います。

自分の野菜BOXの内容に自信が持てていなくて、まだお客さんの入れ替わりが激しかったので、「いつ止められても仕方がない」と言い聞かせていました。止められると当然ショックだったので、へこまないようにあらかじめ予防線を張っていたわけです。

だからと言って適当にしていたつもりはないのですが、そんな気持ちでいるとお客さんの事を信頼できず、野菜を作る事も「お客さんのためではなくて生活のため」という感じになりがちでした。

ですがふと気がつくと、1年以上、中には2年以上もの間ずっと定期的にあらい農園の野菜をとり続けて下さるお客さんが大半になっていました。

その間、よくない野菜や本当なら返金すべきレベルの野菜もあったはずですし、ずっと同じ野菜が続いて、自分でも正直どうかと思う事も実はありましたが、そんな期間もずっと変わらず野菜をとってもらえていたんだなぁと。

今更⁈ と思われるかもしれませんが、経営が安定してきてようやく今更ながら思うようになりました。

「お客さんに育ててもらう」ということをたまに商売の話で耳にしますが、僕もようやくその意味がなんとなくわかってきたように思います。

その上で、ようやく本当にお客さんに恩返しをしていきたいと思うようになりました。なので、もっとしっかりと満足のいく野菜を届けたいと思えるようになったわけです。

恩返しという言葉が正しいかはわかりませんが、野菜を育てる理由が、変わらず応援して頂いているお客さんのためというのは、それこそ農家冥利に尽きるなと思います。

 

お客さんと農家との関係なので、いつか何かの拍子でその関係はなくなりますが、今は少しは自分たちの野菜BOXにも自信を持てるようになったので、お客さんが離れてしまうことを必要以上に怖がる事もなくなりました。

「うちの野菜を楽しみにしてもらえている」と思って野菜作りができるようになったんだなと。ようやく思えたのが2017年でした。
それは農家としては本当にありがたい事です。

そして、2018年の今年の目標は当然「野菜BOXをしっかりお届けする」という事になります。漠然としてて面白みのない目標かもしれませんが、これ以外にはありません!

厳しい気持ちをもって頑張っていこうと思います!

よろしくお願いします。image