ブログカテゴリ:野菜を育てること

今こそ兜の緒を締める

2015年09月25日(金) 野菜を育てること

9月にしては涼しい毎日ですね。

過ごすには快適なんですが、野菜の世話となるともう少し暑くなってくれた方がうちとしては助かるところです。
9月の植え付け&種蒔きラッシュがひと段落つき、雑草の勢いも治まりつつあって、ようやく猛烈な忙しさがなくなってきた感じがあります。
まだ、これから冬を越えて収穫するための春野菜を早くも仕込まなくてはならないのですが、秋冬野菜に比べると少しはマシになります。

今の畑の様子です。

image

 

よくわからない感じですが、、これは種を蒔いた後に保温資材を被せてある様子です。

種を蒔いて雨が降ってくれると、水やりをしなくて良いのですが、最近の雨は必要以上に豪雨になる事もあるので、こうして資材で被せてクッションの役割も担ってもらい、雨の勢いで種が出てきてしまったり流れていかないようにしています。

この畝は一番最近に蒔いたほうれん草やこかぶ、小松菜です。 
資材の下でようやく発芽してきたところですね。

秋にあまり気温が低いと、生育も鈍くなるので(あまり暑すぎても鈍いですが)大きくなって一人前になる前に冬が来てしまいます。なので、できればもう少し暑くなって生育スピードが上がれば丁度よいのですが。。

 

他の場所では少し前に定植をした苗が大きくなってきています。

image

 

写真はどアップの白菜です!

どアップすぎて白菜の生育具合はわからないのですが、、。
てんとう虫がいますね。

最近、このナナホシテントウが増えてきました!
あらい農園のキャラクターでもナナホシテントウは、アブラムシなどの野菜にとって困った虫たちを食べてくれます。
ナナホシテントウがいると、それだけで安心感がありますね。

この時期の冬野菜の栽培は本当に難しくて、特に白菜のような葉の柔らかい葉物野菜は無農薬だとかなり大変です。こうして自然の中のバランスで、虫を退治してくれると助かりますね。

 

 

4年目の冬野菜の栽培は、今年も苦戦続きですが、これからなんとか大きくなっていって欲しいものです。

その中でも京北での栽培は2回目になりますが、田舎の中山間地と呼ばれる地域での農業がとても大変な事を最近特に感じます。
山あいにあるので、日が昇るのが遅く沈むのも早くなります。風の吹き抜け方も平地とは段違いですし、晴天の日も少なくなります。それから、何よりも獣害です。この前も畑のすぐそばに鹿の糞が落ちていて、イノシシらしき土をえぐった跡がありました。

冬になると獣は食べ物を求めてか里山にたくさんやってきます。
対策を講じていても、わずかな隙間から入ってきて、荒らされることはよくあって、これからは何よりもそれが一番の心配事になります。

僕は30歳ですが、自分のような若さでも獣の被害は精神的にすごいダメージになります。自分がおじいさんだったら、これは耕作を放棄してしまう。。と思うほどに。

少し仕事のペースが落ち着きだした今こそ、来るべき冬に向けて、もう一度しっかり兜の緒を締めていかなければなりません!

と書きながら改めて思いました。笑

 

失敗した時は、いつも悔しくて「来年こそは…」と思うもので、実はその来年はもう今まさに目の前に来ているのですね。悔しかった去年を思い出して頑張らなければ、去年の失敗が無駄になってしまいます!

去年の荒らされた畑です。

image

image

あぁー!!悔しい!今年こそは勝ーーつ!!


冬野菜の収穫までの道のり

2015年09月12日(土) 野菜を育てること

9月になりまして、もうすっかり秋めいていますね。

例年なら、まだまだ残暑とも言う以前の真夏感のある時期だと思うのですが、今年は久しぶりに長く秋を楽しめそうな気配ですね。農家的にもこの涼しさは助かります。やっぱり季節は例年通りというのが、野菜作りをするには一番やりやすいと思います。

あらい農園ではすでに冬準備が始まっており、それも結構頑張って中盤戦まで来ております。

一番早くに蒔く人参はもう蒔き終わってますし、白菜やブロッコリー、カリフラワー、キャベツなどの苗を植える野菜も、先日の雨が続いた期間で、一気に植え付けました!

image

植え付けた苗も雨のおかげで、水やりをせずとも根が土に活着して、少しずつ新しい葉を出してきています。
今年はマルチという畝を覆うビニールが台風の時に全て剥がされて飛んで行ってしまったので、こうして土が見えてる畝に直接植え付けています。

畝の肩についてるビニールはその残骸です。
これをしていたのは、雑草を生えなくするためなので、今回マルチがないということは、雑草と戦うという事になります!
写真の畝は鍬で雑草を削り取った後です。隣の畝の途中からは緑に覆われていますが、これは全て雑草で、これから除草をしていくところです。

雑草の葉によって土の表面が影になって、土壌の水分が保たれた状態になる点や、様々な生物が生息することで、逆に野菜が狙われにくくなるというメリットもあるのですが、反面その葉が野菜を隠してしまい生育を鈍らせたり、根から養分を横取ったりと、やはり悪影響もあります。

今回はコオロギの被害がかなりあるのですが、そのコオロギももとは雑草や草むらの陰に住み着いていて、そこから近くの野菜を食べにくるので、そういう点でもあらい農園では雑草は極力取り除くようにしています。

この時期はまだ雑草も小さいですが、あっという間に大きくなってしまいます。雑草が大きくなると、抜くのも削り取るのも余計に大変なので、今のうちがチャンスなんです。

ここで、「まだもう少し大丈夫かな」なんて余裕でかまえていると、あと後で大変な思いをするということを何度も経験してきましたので、、。

ちなみにコオロギはまだ小さくて柔らかい野菜の茎を次々に囓り倒して行く、農家にとってはとてもやっかな虫です。
実はマルチの中にも住み着いたりして、そこに植え付けた苗を次々に食べていきます。気づいた時には植え付けたはずの苗がすべてなくなっている、、なんて事も大げさではなく、ありえます。

ここも無農薬の難しいところで、農薬があれば対処できることでも、それを使わないとなると様々な方法で時間もかかるけれど、それの対策を講じる事になります。

 

そんなわけで、これから冬野菜が大きくなって行く時期ですが、雑草もまだしばらくは伸びてくるし、コオロギもウロウロしているし、モンシロチョウも蛾も卵を産みつけにきます。
防虫ネットもしっかり設置をして、寒くなるまで野菜をガードしていかなければなりません!

まそしてまた、この地域は冬になると鹿や猪が畑の野菜を、これでもかと狙ってくるので、今度はそちらも油断なりません。

夏も大変ですが、冬もそんなこんなで色んな仕事があります。

ですが、この地域は寒さが厳しく雪も積もるので、その分野菜が甘くなります。
ほうれん草なんかは本当に湯がいて味付けなしでも十分に甘いものが採れます。

そんな事を考えると、今年こそはたくさんの種類の冬野菜を収穫できるようにと、気力が湧いてきますね。