農業について:①端境期について

2016年10月07日(金) 考えごと

最近、当たり前の事ですが一つあらためて思ったことがあります。

それは、農業の事を知らない人が多い!という事です。

まぁそれは別に悪いわけではなく、自分も林業も漁業も酪農の事も、同じ一次産業なのに全く知らないので、当然なのですが。

人と話をしていると、農業の話で「そうなんだぁ〜!」と驚かれる事が結構あるので、ちょっと秋の夜長を利用して、色々と農業についての、多くの人が知らない事を書いていこうかな、なんて思いました。

と言ってもまだ農家歴4年半ですので、知らない事だらけかもしれませんが、そんな浅い経験からの目線も含めて頑張って書いていきます!

 

という事で、1回目は

端境期です!読み方は「はざかいき」です。

端境期は、簡単に言うと野菜の採れなくなる時期で、地域にもよりますがだいたい秋は10月、春は3月〜4月前半頃を指します。京都ではこの時期だと思います。

なぜ少ないかと言うと、ちょうど春夏野菜と秋冬野菜の入れ替え時期に当たるからです。

あらい農園でも今はちょうど秋の端境期に入ってきており、夏に活躍したトマトやきゅうりは品薄になり、茄子やオクラも最盛期から考えると寂しくなるような収量です。
夏野菜はやはり夏の気候に合っているので、これから気温が下がって寒くなるにつれて、花もあまり咲かなくなり、たまに花が咲いて実がついても、ゆっくりしか大きくならず、あまり採れません。

反対に、冬野菜はこれからが本番になるのですが、収穫はもう少し先になります。
本当はこの10月前半頃から収穫が開始できれば良いのですが、そうするには8月の真夏に種蒔きをしなければならず、難しいのです。

理由は、野菜にはそれぞれ発芽適温と生育適温があって、冬野菜の発芽適温はわりと低いので、真夏に種蒔きをしても発芽しにくいからです。

ハウスに黒い資材を被せて、日陰にしたりと上手にすれば可能ではあるのですが。

そんな事で、今の10月というのは、ちょうど夏野菜が終わりに向かい、冬野菜もまだ出揃わない時期なので、野菜の種類が少なくなってしまいます。

ちなみにこの10月に収穫期を迎えるのは、まずはお米です!

それからサツマイモ、里芋、生姜、落花生などです。
よく収穫の秋と言われるのは、きっとお米の事を指していて、野菜は芋類の事なのかも‥と思います。

image

端境期とか、旬とかは、基本的には露地栽培で、気候に合わせた野菜の作り方の事を言っていると思うので、ハウスを駆使すればこの端境期はなくす事ができますし、日本列島は縦長で気候が違っているので、産地リレーをしていけば、1年中だいたいの野菜は手に入りますね!

冬にきゅうりやトマトが売られているのは、ハウス内を灯油などで温めて、温室ハウス内で栽培しているからです。

 

次に、秋の端境期よりも長いのが春の端境期です。

こっちは、本当に野菜がなくなります!
野菜の直売所なんかでも、野菜棚がガラガラになります。

3月、4月の端境期の原因は大きく2つあります。
1つ目は、この時期に収穫をしようと思うと、種蒔きの時期を逆算すると、例えば播種から収穫までが短い小松菜でも1、2月頃になります。

この時期は真夏と逆で、今度は気温が低すぎて発芽しませんし、したとしても寒すぎて大きくなりません。ちなみにあらい農園のある京北黒田では冬の間、畑は雪が積もって入れません!

image

そんな事で露地では収穫が難しいのです。

2つ目は、花が咲いてくるという問題です。
野菜も、植物なので、遺伝子を残すために、最後は花を咲かせて、種をつけて朽ちていきます。
その花が咲くのが問題で、例えば大根だったら、葉の中心部から茎みたいなのがニョキっと伸びてきますし、キャベツや白菜は、球の中心部からそれが伸びてくるので、球が割れて、そこから花が咲いていきます。

1555317_712014632244807_81570221676947270_n - コピー

全部の野菜は花を咲かせるのですが、葉物(ほうれん草、水菜、小松菜、白菜、キャベツなど)は花が咲くと葉が硬くなったり、根菜(人参・大根・かぶなど)だとカスカスになってしまいます。
どうやら、種をつける方に養分を回すようで、そうなると食べても硬いし、美味しくないので、商品価値はなくなります。(ナバナなど、花芽を食べる野菜はこの原理で花芽がついたのを収穫します!)

この花芽がつくのが、だいたい2〜3月の時期になります。
この原因は、温度の上昇と、1日の陽の出ている時間が長くなることからなんです。

温度か陽の長さかは、作物によるのですが、だいたい春が近づくと、冬たちはいっせいに花を咲かせ始めて、農家を困らせます。。

ちなみに土手に菜の花が咲き乱れるのも、同じ原理です!

 

それと、気温がまだ低く、春の野菜がまだ大きくなっていないので、3月〜4月前半は特に野菜が少なくなるのです。
あらい農園のような、野菜BOXで、1年を通して野菜の種類を揃えたい農家は、この端境期をいかに乗り越えるかが、本当に頭の悩ませどころになります。。

今年はハウスをたくさんお借りできたので、頑張って種蒔きの時期をずらしたり、かぼちゃや、芋類などの保存の効く野菜を、多めに作ったりして、乗り越えようと努めています!

image

という感じで、端境期というのは、気候的に避けては通れないものです。

長くなりましたが、端境期の説明でした!


インドネシアの研修生を受け入れて

2016年09月27日(火) 考えごと

神戸にある公益財団法人PHD協会から
インドネシアの研修生が1週間、農業研修に来てくれました!

本題からずれますが、
PHD協会について、少し説明させてもらいます。

PHD協会は私(妻)が以前お世話になっていた団体で、
ネパールやインドネシアなど、アジアの村から青年を日本に招き、
農業や保健衛生、地域組織化などの研修を行っています。
物やお金じゃない支援の形で、村の人たちが自分たちの力で
生活や村をよりよくしていくための支援を行っています。
研修生は1年間、日本各地の農家さんや保育所、保健センターなどで
研修を行い、村での活動に生かすべく、知識や経験を積みます。
日本での生活の中で、日本の問題点に気づいたり、
自分の村の足りないところだけでなく、いいところに気づいたり。

日本のようになること、日本人が考える発展ではない、
その国の人たちらしい発展をすることを支援しているところが
私の理想の”国際協力”だなと感じます。
そして、私は私の場所をよりよくするために
頑張らなければと思わされます。

と、思いが溢れてしまいましたが、
そんなPHD協会の研修生として今年度1年間、
日本で保育や保健衛生の研修をしているリンダさんが
「農業の勉強もしたい」ということで、あらい農園に来てくれました!!

image
しかし、
9/18(日)から24(土)までの約1週間来てくれていたのですが、ずーーーっと雨。
稲刈りも一緒にできたらと思っていたのですが、それも雨で中止…。
結局、収穫と出荷作業以外ほとんどできませんでした。

そんなこともあり、農業研修として簡単に受け入れてしまったのですが、
リンダさんにとって、ここでの研修がどんな意味をもてるのか、
私たちが何を伝えられるのかと考えさせられました。
ただ、今は、技術的なことはまだまだ難しいですが、
日本の一農家としての現状やこの地域のこと、
生活のことなど、知って感じてもらえたらいいのかなと思ったりもしています。

そして、日本語が話せるリンダさん。
“まち”と”村”の違い、宗教について、野菜のことなどなど、たくさん話をしました。
知らない人だらけの”まち”より、みんな知り合いで、お互い話ができる”村”がいいと言うのが、
4月から黒田に住むようになって私が実感していることと重なり、すごく共感。
仕事が忙しくてなかなかゆっくり話せなかったりもするのですが、
近所のおばあちゃん、おじいちゃんがよく家に寄ってくれ、
話をする関係があること、私はすごく好きです。

また、リンダは子どもができてから、キレイな野菜が怖くなり、
自分で薬を使わずに作った野菜を食べたいという考えが生まれたそう。
有機農業で野菜を作っていながら、なぜ薬や化成肥料を使わないのか、
明確な答えが自分の中にまだみえてない私にとっては、とても印象的な言葉でした。

そして、うつ病についても研修したことを教えてくれ、
日本人の働き方についても話が広がり、
「幸せてなんだろねー」という話にも。

生まれ育った環境や宗教が違うリンダと話すことで、
気づいたり、改めて考えるきっかけをもらった気がします!

なにより、
夫婦2人だけのときとはまた雰囲気がガラッと変わって、笑い声がいっぱい。
2人だと煮詰まってしまうときもあるのですが、それをズバッと吹き飛ばしてくれました!

 

ではここから僕(夫)の感想も少し。

最初は、1週間も知らない人が家にいることには負担だなぁと思い、あまり乗り気ではありませんでした。
けれど、就農してからこれまでずっと、農業で生活をしていくこと=しっかり経営を安定させることばかりを考えてきて、それがいつしか極端な言い方をすれば、お金のための農業になっていたところもありまして。

それを是正するためにも、ここらで新しい事にも目を向ける必要があるんじゃないかと思い、リンダの受け入れに同意しました。

リンダはとても明るくて、仕事も真面目にするので、知らない人と一緒に生活を共にするストレスをあまり感じなくて、その点はすごく助かりました。

農業を教えるというよりは、反対によい経験をさせてもらったと思います。

日本語が話せる外国人と接する事はこれまであまりなかったので、色んな事を話せた事は本当に良かったと思います。

イスラム教のインドネシアの人も、まぁだいたいの感覚は同じだなぁと思いました。
それは、「きっと世界中の人は、そんなに違わない」というのを少し実感できたようで、世界が少し広がったように思います。

image

それとやっぱり農家としては特に
「オーガニックの野菜を子どもに食べさせたい」という言葉は、嬉しくなりました。

無農薬にこだわって野菜を作っていると、本当に、お母さん方にはそう思って頂きたいなと思いますし、食べ物をつくる立場としては、食べ物が大事だと思って欲しいのは当然なので。
「あなたのしている仕事はとても大事なこと」と言われている気にもなるので、そんなお母さんに会うと、やっぱり嬉しいです。それがあらい農園の野菜でなくても。

リンダも遠く知らないインドネシアの村で、そんな事を考えていたということが、ただ嬉しい気持ちになりました!

 

おっと長くなりました、、。
まとめるとですね。
お金や経営や効率化やら、そんなことばかりを考えてないで、違う事をしてみると、そこには新しい発見があるなぁという感想です。

それはこれから歳を重ねる中で、とても大切な事だなぁと思いました。
それを気づかせてくれた、妻とリンダには感謝ですね。

夫の感想でした!

長々と書きましたが、
いつもと違ったあらい農園の1週間でした!

image