トラクターの上で思ったこと

2017年06月02日(金) 2号のつぶやき

トラクターでただ畑を耕しているときは、
ちょっと余裕をぶっこけて、色んなことが頭に浮かびます。
少し前のことになりますが、トラクターにのりながら思ったことを、
いつも通り長々と書いてしまいました!

5月の空が高くて気持ちがいい晴天の日、畑に行くと人がたくさん。
私たちの地域は田んぼがほとんどで、冬は畑にあまり人がいません。
でも今は田植えの時期ということもあり、家族総出で田植えをしていたり、
田んぼの草刈りや獣害ネットの設置などなど、
地域の方々が色々と作業していました。

私はトラクターで畑を耕していたのですが、
奥の水が入った田んぼが太陽の光を反射してキラキラしていて、
その向こうで作業してる人や畔に座ってお喋りしている人たちが見えて、
今のこの景色がすごく大切なものに思えました。
ずっとこの景色を見ていたくて、
この景色の中にいることがすごく気持ちよくて、でもなんだか切ないような。
うまく表現できないのですが、
心が暖まると同時に少し寂しさも感じました。

image

今、私たちの地域では高齢化が進み、今年お米を作らないところがチラホラあります。
そんなこともあって、もしかしたら5年後にはこの景色はなくなってしまうんじゃないか、
という思いがどこかにあるからかもしれません。

草がボーボーにのびた耕作放棄地が出てくるとどんどん寂しい景色になっていく気がします。
でもきちんと管理された田畑が残るだけじゃなくて、色んな人が出てきて作業していたり、
畔でお喋りしているこのかんじが続いてほしいなぁ。
そしてやっぱり田んぼの風景は美しい。(私たちはマルチ(除草や保温のためのビニール)をはって野菜を作っているのですが…)
横の田んぼのおじいちゃん同士が米作りのことでわいわい言ってるのを聞くと、
私もこうして周りの人たちとわいわい言いながら農業をして、歳を取っていきたいなぁと羨ましくなったりします。

地域の農地についてはよく1号と話します。
地域の農地を守りたい!
でも野菜では、私たちの今のやり方(生産、販売)では難しい。
米を増やしたらどうかな、小麦を作ってみようかなどなど考えたりはするのですが、
管理(草刈りなど)がちゃんとできなかったら意味がない…
そして、何より、私は色んな人たちが農作業しているこのかんじが素敵だなぁと思うので、
どうにか、こんなかんじが残していければな~。
新規就農したい人や、移住して米や野菜作りしたいなぁという人々いないかなぁ~。
そしたら地域も農地も活気が出るなぁ~。

と、特にしまりがないのですが、
以上2号が最近ふつふつと思ったことでした!


「うちの子が野菜を食べるようになった」

2017年05月12日(金) 考えごと

あっという間に5月になりました。

4月は本当にあっという間で、毎年思うのですがやっぱり1年で最も忙しい時期なんじゃないかと思います。

春の収穫と同時に夏野菜の準備と、その先の秋のサツマイモや里芋の準備、それに田植えの準備が入って、それに伴う地域の溝そうじが毎週のように入ってきます。

春は日照時間も長くて、朝が早く夕方も結構遅くまで仕事ができるわりに、それほど気温も高くはないので、お昼休憩もそこそこに作業をしてしまいます。

そんな感じで、結構な忙しさの日々なんですが、いいこともあって、この時期は毎年モチベーションがかなり高い状態で日々の農作業に励んでいます!

基本的には体力の続く限り、毎日朝から晩まで畑にいたいくらいにやる気が満々です。
本当にこの時期にどれだけ準備ができているかで、夏、秋に地獄を見ることになるかどうかというのを毎年繰り返してきているので、

「あんなしんどいのは二度とごめんや!!」

という恐怖心で自分を持っていってます。
今年はというと、今までで比べるとすごく順調にきております。
それでもやっぱり遅れ気味なのですが、でもまぁまぁいい感じじゃないかと思っています。

image

 

さて、全然話がかわりますが。。

野菜を作って、直接お客さんにお届けをしていると、ありがたいことに「美味しかった」と言ってもらえることがあります。

直接お客さんに販売しているので、良くも悪くも反応があるので、良い時はモチベーションが上がりますし、悪い時は本当に落ち込んだり、「農業なんか向いてないわ」と嘆いたりしてしまうこともありました。

美味しかったと言われるのは、当然嬉しいのですが、その中でも最近嬉しいなと思う言葉があります。それは、

「子どもが喜ぶ」「子どもが野菜を食べるようになった」という、子ども系のコメントがすごく嬉しいです。

子どもが食べるという事は、紛れもない事実じゃないか‼︎、と。

こんな事を言うとよくないかもしれませんが、大人の味覚は色々と鈍ってるんじゃないかと個人的には思っています。自分が実際そうだったし、農業をする以前とくらべると、特に変わったと思います。昔好きだったお菓子が不味くて食べたくないと思う事もあるくらいに。

それに比べると、子どもの味覚はまだ敏感だと思うから、「論より証拠」という感じで、子どもが食べてくれたという事実が、とっても自信になります。

特にトマトとかスイートコーンとかの子どもに人気の野菜じゃなくて、例えば小松菜とか人参とかピーマンとかの、どちらかと言えば嫌われ系の野菜を喜んでくれたというのは、心の中でガッツポーズです‼︎

僕も子どもの頃は野菜が好きじゃなかったし、野菜の味ってわかりませんでした。今農家になっても、スーパーとかの野菜でそういうのはあります。もちろん美味い野菜もありますけど。

あれは、やっぱりそもそも美味しくない野菜を食べてたんじゃないかと、ものすごく勝手ながら思います。料理は美味しいけど、野菜本体がうまいかは別もんって事はあると思うので。

そんなことで、「野菜はまずい、嫌い」なんてことになってしまっていたのなら、野菜農家としては、残念です。

あぁぁもったいない、、と思います。
せめて、うちの野菜を食べてから決めつけてくれよ。
と思うこともあります。
偉そうに言ってしまってあれなんですが、でも美味しいって言ってくれるお子さんもいるから、一回試しにシンプルに食べてや!と。

image