それでも農家で良かったという話

2019年08月20日(火) 考えごと

あらい農園1号(夫)です。
久しぶりの日誌になりました。

京都では8月16日の五山の送り火が終わると、もう夏の終わりなんて言うのですが、今年はその通りに真夏のピークが去ったような雰囲気がしてきました。

今年は世間ではお盆休みが9連休とか10連休とかでしたが、この時期の農家は20連勤とか当たり前に毎日ヘトヘトになりながらの日々です。

この夏は例年と同じかそれ以上に、農作業のやらなあかん事に追われて追われて、心身ともにタフな毎日を過ごしていました。

世間がお盆休みで、京北に流れる上桂川にはBBQを楽しむ人々がたくさんいました。そんな人を横目にまだ暗いうちから働いて、夕方暗くなるまで働いてる農業という仕事。

久しぶりに、この仕事は何なんだろう…、と考えたりしました。
確か、自分は夏が好きで冬が嫌いだったはずなのに、夏らしい事など一つもできてない‼︎

このまま一生、夏は毎日必死に働きながら過ぎ去るのを耐える事になるのか…、などと大げさに考える事も。。

でも、するべき仕事は山積みなので、今は目の前の毎日をとにかく頑張るのみ‼︎と自分に言い聞かせる毎日でした。
なんだかんだ言ってやっぱり8月は厳しい季節です。春野菜の片付け、夏野菜の収穫・管理、冬野菜の準備・種蒔き。。そして猛烈な勢いで伸びまくる草刈り。

現実逃避をして舞鶴とかに釣りに出かけたりしたいのですが(釣りは超初心者ですが、あのゆったりした時間が好きなんです)、ここで逃げると冬に別の意味で泣くことになります。
なので、気持ちを強く持って毎日を乗り越えなければなりません!

昭和生まれなのでやはり根性論的なものが根強くあって、この繁忙期の最中、
「やっぱり大事なのはメンタルやな」と思いました。
体調がいまいちの日がたまにあるのですが、そこで気持ちが弱気になると、ほんまに心身共に負けてしまうので、そんな時はあえて、やらなあかん事だらけや‼︎と自分に再確認をさせて、無理矢理メンタルをストイックな方向に戻す感じです。
毎日マラソンの35km地点を走ってるような具合ですね。

でも、これは今年で最後にしたいものです。

僕は農業を始めた時に、視野が狭いなりにどんな農業のやり方が良いのかを考えていました。
色々と考えたのですが、大変な農家のイメージである、朝から晩まで働き詰め。これは避けたいなと思っていました。

自分で自分の生き方を決めるのだから、そうはなりたくはないと!

しかし、今まさにそれになっております!笑

これは良くない!
忙しい中にも、もう少し余裕をもった働き方をしたいです。
これは来年の大きな課題ですね。

たぶん作付け量をもう少し減らして、無駄な作業を削る必要があると思います。
勢いまかせじゃなくて、ちゃんと丁寧にやる。とっても苦手な事ではあるのですが、ここは大幅に改善の余地があります。

 

そんな夏を過ごしております。
こう書くと、農家なんてやってやれん大変な仕事や‼︎
となりそうですが、一つ本当にこの仕事は良いなと思うところがありました。

それは、子どもと過ごせる時間です。

ヘトヘトになって帰ってきて、すぐに3号(はな,6ヶ月)をお風呂に入れるのが日課なのですが、たまにはゆっくりのんびり湯舟に浸かりたいと思いつつ、でもこの時間は本当に良い時間だと思います。
お昼に離乳食を食べる時、昨日は出来なかった動きが今日から急に出来たとか、お風呂を上がってからのリラックスタイムとか、毎日3号の成長を見ていられるのは、かけがえのない事やなと思います。

 

農家という仕事はたぶん時給換算したら300円とか、もっと低いかな?とにかく換算したらあかんくらいの仕事です。(あらい農園に限る)
そして、年間休日も数えたらあかんくらい少ない仕事ではあるのですが、それらのデメリットを全て吹き飛ばすくらいに、自分にとってこの0歳の娘といられる時間は何物にも代えられない時間です。

この仕事は一体何なんだ、とボヤッと思う毎日の中でこそ、これに気付けたのかもしれません。無理矢理探し出したとも言えますが。笑

この夏の、一番の収穫やな‼︎(どやっ)
そして、冬にはGWの分も含めて10連休×2回、必ず休んでやるぜ‼︎
というモチベーションが副作用で発症しました。

まだ、やらなあかん事山盛りですが、10連休を合言葉にまだまだ頑張ります。

image


可愛い手紙をもらった話

2019年08月11日(日) 2号のつぶやき

暑い日が続いていますね。
あまりに暑いので、ついにクーラーを購入しました!
ただ、まだ設置工事が終わっていないので、もう暫くの辛抱です。
1号(夫)は空調服を手に入れて、涼しい!と目を輝かせてもりもり働いています。

そんな暑ーい日々の中、とっても嬉しいことがありました。
最近おすそわけ市によく買いに来てくれる女の子からお手紙をいただいたのです!
image
可愛いお手紙と共にすごーく嬉しい話も。
お母さん曰く、苦手だったきゅうりを「お姉さんのきゅうりだから食べる」と
塩をふっただけで一袋一人で全部食べてくれたらしいのです!!
一袋は私でもなかなか1人では食べきれない量。
きゅうりが苦手な女の子が塩だけで食べてくれたなんて、
農家としてこの上なく幸せなことだなぁ~と思います。
そして、それより何より嬉しかったのが、“お姉さんのきゅうり”。
美味しいきゅうりは他にもたくさんあると思うのですが、
“お姉さんのきゅうり”はお姉さん(私)が作った(もしかしたら、売ってた)
唯一無二のきゅうりなかんじがして、ついつい自慢したくなるほど嬉しかったのです。
その子にはそんなつもりはなかったのかもしれませんが、
きゅうりができるまでに私たちがしてきたことをひっくるめての“お姉さんのきゅうり”だと拡大解釈して、
なんだかこれまでしてきたことが報われたような気持ちになりました。
もっともっとこんな風に言ってもらえるような農家になりたいなぁ。

image

ただ一つ、悔しかったのが、そのきゅうりができるまでの物語、
5月の遅霜で瀕死になりながら復活したことなどを話せればよかったなぁ~と後から後悔。
それは野菜を作った農家本人が直接売るからこそな気がするので、
そんなことを頭の隅に置きながら、お客さんと私たち、
そして野菜たちとのつながりを作っていけたらなぁと思います!