もぐらの仕業

2015年12月04日(金) 野菜を育てること

ここ1年くらい頭を悩ませている事があります。

もぐらのことです。

もぐらなんて街に住んでいたら、まず出会わないし、テレビのキャラクターかゲームセンターのもぐらたたきくらいしか見る機会はありません。

ですが、畑の中には結構いるもんで、これがまたとても厄介なんです。
(ちなみに1度だけ地上にいるところを発見した事があります!目がなくて、とにかく土の中に潜ろうとしていました。捕まえると、爪の力がとても強かったです!)

もぐらはが土の中を移動すると、当然ですがトンネルが出来てしまいます。土の中に生きている動物では最大級ではないでしょうか。だいたい缶コーヒーくらいの大きさはあると思います!
そんなもぐらが、ここ1年くらい畑で結構動き回っていて、作物に甚大な被害が出ています。甚大というと大げさかもしれませんが、例えば植えた苗の1/3くらいの被害が出ることもあります。

今年のサツマイモ、特に安納芋がそうです。サツマイモ部で参加された皆さんと一緒に植え付けた苗が、しばらくすると一斉に枯れ始めました。土を掘ってみると、サツマイモの畝を縦断するように空洞が出来ていました。

秋のえんどう豆も、1箇所に5粒ほど蒔いたのに全く発芽してこない場所が固まってありました。そこも同じくトンネルがありました。

最近掘ったじゃがいもの近くもトンネルが出来ていて、おそらく収量は減っています。
もぐらは作物は食べなくて、主にミミズなどを食べるということですが、ミミズが減るのも迷惑だし、根が傷んだり作物に影響が出るのは非常に迷惑です。
このように、もぐらは畑にとって本当に厄介な存在です。
カラスも鹿も厄介ですが、もぐらは見えない分対策を講じにくいものです。
農薬でもまけば問題はないのですが。
これも有機栽培の宿命なのかもしれません!

もしかすると、周りはほとんどがお米だから、余計に集中攻撃されるのかもしれませんね。

ネットで調べると、穴に甘い味のするガムを置いておく(食べると消化不良にる)とか、正露丸の匂いで追い払うなどが見つかりました。

効果のほどはわかりませんし、畑も広いので相当な数の正露丸が必要になるのですが、とにかくやってみようと思います!

 

写真は少し前ですが、ニンニクの様子です。(10月後半)
ニンニクの下にも容赦なくトンネルがありました…!

image


京北の冬がやってきます。

2015年11月28日(土) 野菜を育てること

11月も早いものでそろそろ終わりですね。
いよいよ師走で、今年も残り1ヶ月ほどになります。

ここ最近一気に冬がやってきて、畑の様子も一夜で様変わりしました。
実をつけないようになってもなんとか葉っぱが元気だった夏野菜が、霜に当たって一気に枯れ始めました。冬じゃがも葉が枯れて、いよいよ収穫になります。

葉物も霜に当たると少し痛みます。
けれど、これから寒さが増すにつれて冬野菜はどんどん甘くなっていきます。

作っている自分でも、これからどんどん甘くなっていく野菜たちを楽しみにしています。

寒くなると野菜が甘くなるのは、凍らないように体の水分を糖に変えて、氷点を下げる働きによるものだそうです。
水は0°Cで凍りますが、砂糖水は0°Cでは凍らずに、濃度によってマイナスでも凍りませんが、それと同じ事が作物の体で起こるようです。

自分の体が凍って死んでしまわないように、糖度を上げるので、甘くなるという事ですね。

 

冬は野菜が美味しくなりますが、やっぱり厳しいのも冬です。
農作業も寒い中になりますし、なによりも水が冷たいです!
冬野菜は多くの場合、水で洗うのですが、井戸水ならまだマシですが、水道水や水路を流れる山水なんかは痛いほどに冷たいです。。
分厚いゴム手袋をはめて洗える事もありますが、細かく洗うときなんかは手の方が確実で早いので、気合いで洗う事もあります!

そんな時は少し洗って、ストーブで手を温めての繰り返し作戦でなんとか乗り切ります!

また、冬の大敵はなんと言っても雪です。
これは京北の特に黒田に限ってかもしれませんが、毎年結構な積雪になります。
雪が積もっても収穫する時は収穫するので、そんな時も気合いですね!
でも意外と雪が積もった時の方が、寒さはマシに感じるものです。

あとは、獣も存在感を増してきます。特に鹿とイノシシです。
去年は圃場を囲むネットをイノシシにボロボロに破かれ、穴が開いたところから鹿が入り込んだりと、なかなかのやられようでした。

今年はまだ一度も入られていませんが、すでに農道には鹿のフンが転がっていて、近くでは猿の親子が黒豆を食べに来ていたとか…。
これからの季節は、動物も命がけで野菜を食べにきます。
一度狙われたら、何度もやってきます。
防御をしっかりして、備えなければなりません!!

 

そんな京北の冬です!

写真は去年の畑の様子です。

imageimage